フーフィーのオールシーズンプーケットを遊びつくす!ブログ

魅力いっぱいのプーケット情報、年中楽しめる情報、書きつくしたい!

高い?安い?プーケットの物価

旅行前に知っておくと便利!プーケットの物価をざっくりご紹介。

旅の予算や両替量の目安になれば。

 

 

プーケットの物価は高い?安い?

日本人にとってタイは全般的に物価が安いと感じる事が多いです。

これは、タイ旅行の大きな魅力の一つ。

プーケットも例外ではないですが、バンコク等の他の地域と比べると、高いと言わざるをえません。

それは、プーケットが世界有数のリゾート地であり、タイの中でも富裕層の集まる地域だからです。

ただ、ローカル向けから超高級リゾート客向けと、全てにおいて幅広いチョイスがあるので、自分にあった旅の仕方を選ぶことができます。

 

ホテル

f:id:fuph:20181006234325j:plain

まずホテルに関して、バンコクのようにバックパッカー向けのドミトリータイプの安宿は割合的に少ないですが、プーケットにはヨーロッパ等からの長期滞在客が多いので、安いホテルやコンドミニアムは充実しています。

一泊一室1000バーツ前後から(約3000円)、簡易だけれど、清潔な部屋にベッド、シャワー、トイレのついた、特に狭苦しくもない快適なホテルを見つけることができます。

一般的な三ツ星、四ッ星ホテルで朝食が付いて一泊3000~6000バーツほど(一室料金)、五ッ星で8000バーツ前後~、その上は超高級リゾートなら数万~数十万バーツまであります。

これは本当にざっくりの目安程度。季節によって二倍近い差が有ることもあるし、部屋の種類によっても全然違うので。

私が実際に泊まってみたホテルの滞在レポはこちらから☆

 

飲食店

 

f:id:fuph:20181007000145j:plain

 

さすが世界有数リゾートのプーケット、ありとあらゆる種類のレストランが揃います。

タイ料理以外に、イタリアン、フレンチ、インド料理、中華、日本食、、、と多国籍で実に幅広いです。

ベジタリアンやビーガンのメニューを揃える店も多いです。

 安くすますには、屋台やショッピングモールのフードコート等を利用すると、数十バーツから100バーツ程度、ローカルレストランで2人でビールも飲んで、500バーツあればお腹いっぱい食べられます。

 通常のレストラン、例えばイタリアンだと、ピザやパスタの相場は150~250バーツくらい、前菜や飲み物をつけて2人で600~1000バーツほどかな。

ホテル内のレストランは街中よりも高めです。

高級ホテルだとそれなりにしますが、日本国内の高級ホテルにあるレストランと比べると格段に安いです。

 また大抵、インターナショナルレストランよりもタイレストランの方が安いです。

 プーケット内に数店舗あるコーヒーチェーンのcoffeeclubやcoffeemaniaでは、ホットコーヒーやカフェラテが60~80バーツ。

関税の関係か、輸入ものは高めの傾向にあるので、例えばマクドナルドやスターバックスは日本とそれ程大きな差はない感じです。

パトンビーチのレストラン情報などはこちらをご覧ください☆

 

ショッピング

f:id:fuph:20181007082946j:plain

 

食品類はスーパーや市場が便利で安いです。

パトンエリアならショッピングモールのジャンクセイロン内に、Big Cというスーパーが入っていて、たいがい何でも揃います。

お土産にいいドライフルーツやナッツ等のお菓子類は種類も豊富で、お惣菜やフルーツも安いです。

ジャンクセイロン裏手の通りにあるバンザーン市場や、パトン南のマリンプラザ等のナイトマーケットではさらに安いです。

ビーチウェアやワンピース、タイパンツ等の衣類や雑貨、ハンドクリームやソープ、オイル、お香等のアロマ系など、見ているだけで楽しいものが並びます。

価格は交渉次第のものも多く、相場を知らずに、ムダに高くお買い物してしまうのは悔しいですよね。

まずはスーパーやジャンクセイロン地下のタイ雑貨店などで、およその値段を勉強しておくのがおすすめです。

自分の納得いく値段で、上手に交渉してお買い物できると嬉しいものです。

またプーケットにも数多くあるコンビニは、手軽で安く便利。

ローカルビールの小瓶は40バーツくらいで買えます。

お土産調達に必須のジャンクセイロン情報はこちらから☆

 

 

タクシー等の交通

f:id:fuph:20181007083137j:plain

 

プーケット内は電車が通っていないので、移動は基本、車になります。

タクシーはやはりバンコクに比べると高いです。

空港からパトン、カロンへは大抵一律800バーツ、カタ以南で1000バーツほど。

乗合のミニバスだと、空港からパトン、カロン、カタまで180~200バーツで行くことができます。ある程度人数が集まらないと出発しないので、待たされることもありますが。

最近(2018年)、スマートバスというのが新しく登場しました。

こちらは、空港から西海岸の主要ビーチを通って、ラワイまでを結ぶルートバス。一時間に一本程度だけれど、空港からパトン、カロンまで150バーツ、カタ、ラワイでも170バーツ。

ただ、バス停止まりなので、スーツケース等荷物が多い場合は、バス停からホテルまで距離があると移動が面倒かも。

今までは、ビーチ間を結ぶバスがなかったので、近距離移動に利用するトゥクトゥクは値段交渉次第で、同じエリアだとだいたい200バーツくらい、近隣ビーチで300~500バーツくらいだったと思います。

これがスマートバスだと、パトン~カロン、カタ間が50バーツと、とても気軽に近隣ビーチに足をのばせるようになりました。

こちらのスマートバスについては、別に改めて詳しくまとめましたのでこちらをご覧ください☆

 

もっと自由に時間を気にせず、いろいろな場所に出かけたい人には、レンタカーやレンタルバイクがおすすめです。

レンタカーは車種にもよりますが、1日800バーツくらい、バイクは1日300バーツくらい。

ただハイシーズンは、交通量が激しく、時間帯によっては渋滞する事もあり、また、パーキングを見つけるのに苦労することもあるので、車よりバイクの方が便利がいいです。

逆に雨季のローシーズンは、スコールにあうことも度々あり、濡れた砂まみれの路面は滑りやすく危険なので、バイクよりレンタカーがおすすめです。

 

 

全ての価格はあくまで参考程度にしてください。時期や場所によって幅広いので。

“タイの他の地域よりは高めのプーケット、日本人にとっては安めのプーケット”、自分の予算に合わせて、旅のカタチを計画するのも楽しいです。