フーフィーのオールシーズンプーケットを遊びつくす!ブログ

魅力いっぱいのプーケット情報、年中楽しめる情報、書きつくしたい!

プーケット おもてなしに魅了!ナイハーンビーチのおすすめホテル ”The NaiHarn"

プーケットでは、もちろんパトンも大好きだけれど、南部でゆっくりするのも好き。

南部でおすすめのホテルがナイハーンビーチすぐ横にある”The NaiHarn"。

f:id:fuph:20181023235458j:plain

 

もともとはロイヤルヨットクラブというホテルだったが、数年前に大幅なリニューアルをし、”The NaiHarn"として生まれ変わった。

リニューアル以前も、メインレストランは、プーケットのベストレストランに選ばれるほどおいしいと人気で、美しいナイハーンビーチとプロンテップ岬までが一望できる絶景で、度々訪れていた。

だが客室は、とても清潔だが、どうしても古さが否めないところがあって、宿泊はせずだった。

リニューアル後は、堂々とした品格のある佇まいは残しながらも、一気にモダンになって、どこもかしこもがフォトジェニックな造りに。

いろいろなホテルに行ってみたいので、滞在の度に宿泊先を変えるのだけど、ここはもう3回目。ホスピタリティ面やコストパフォーマンスが最高。

 

 

 おすすめの部屋タイプ

ナイハーンの岬の丘に、海に面して立つホテルなので、とにかく部屋からの眺めが素晴らしい。

 

f:id:fuph:20181023231536j:plain

 

なかでも、絶景のバルコニーが広いグランドオーシャンビューのお部屋がおすすめ。

 

f:id:fuph:20181023232001j:plain

 

部屋も広々として、バスタブやシャワースペースも十分あり、専用のバルコニーにはデイベッドとビーチチェアもしくはソファ、パラソルもある。

 

f:id:fuph:20181023232126j:plain

 

f:id:fuph:20181023232305j:plain

 

目の前にはエメラルドグリーンとブルーのアンダマン海と、そこに浮かぶ小島、左手には白砂のナイハーンビーチ、ウィンドミルビューポイント、プロンテップ岬が見渡せ、沖合には停泊するヨット。

 

f:id:fuph:20181023232442j:plain

 

広々としたバルコニーで、この絶景を眺めながら、お昼寝や読書、お酒を飲んだりと、それは最高なひと時が楽しめる。

サンセット時も素晴らしい。夜も白砂のビーチがライトに浮かび、波の音だけが聞こえる。

そうそう、バルコニーのサンベッド横に何やら怪しいボタン発見。

 

f:id:fuph:20181023232723j:plain

 

”PRESS"って、ついつい押したくなっちゃうけれど、押したらシャンパンオーダーしちゃうのね。。いいなー、ポチっと気軽に押してみたい。

 

 

朝食

朝食はメインレストランの”COSMO"で。

朝からオープンエアの絶景レストランで頂く朝食は最高。

 

f:id:fuph:20181023232807j:plain

 

4つ星、5つ星ホテルの朝食は、どこも一通りの種類のブッフェが揃い、たいていのニーズに答えていると思うけど、ここの朝食はその中でも(私の中で)トップ。

同じプーケット南部に、以前シックスセンシズのエバソンホテルがあったのだけれど、そこの朝食と並んで(私の中で)ツートップ。エバソンではオーダーメニューでも頂けたけれど、ブッフェスタイルの朝食を採用している中では、ここ2つは本当に素晴らしいと思う。

”the Naiharn"の朝食は、デニッシュやブリオッシュ、バゲット等のホームメイドの焼きたてパン類、サラダ、フルーツ、卵料理、ベーコン・ハム類、チーズ、ポテト、アジア料理各種、デザートなどなど。

 

f:id:fuph:20181023232905j:plain

 

常温ブッフェの奥に冷蔵ルームがあり、こちらにはチーズもかなりの種類、ハム類は生ハム、サラメ、モルタデッラもあって、お刺身まで並んでいる。

自家製ヨーグルトとジャムの棚も素敵。

 ホテルの朝食で、いつも楽しみの卵料理、朝から私のために誰かが卵を焼いてくれるって、幸せ!といつも思う。

定番のオムレツは毎日食べちゃうし、オシャレ朝食の代表?、エッグベネディクトは、ここぞとばかりに注文する。ここのホテルには、卵コーナーにオリジナルメニューがあって、マネージャーおすすめの“Green”と“サーモンなんとか”もトライしてみた。

 

f:id:fuph:20181023233213j:plain

 

レストラン出入口のバーカウンターでは、毎日日替わりで3種類のアイスコーヒーが用意されていて、こちらもマネージャーおすすめとのこと。

 

f:id:fuph:20181023233249j:plain

 

このかわいいフグちゃんが目印。

 

f:id:fuph:20181023233305j:plain

 

 

 

 

レストラン

レストランは朝食会場にもなっている、メインダイニングのタイ&地中海を主としたインターナショナルレストラン“COSMO”と、ホテルゲートすぐ、ナイハーンビーチ横のシーフード&薪釜レストラン“ROCK SALT”、ルーフトップバーの“REFLECTION”、そして、そのバーカウンターでは“Hansya”という名で、お刺身とお寿司を提供しいる。日本から来た私達には、わざわざ感があるけれど、欧米人にとってはアジア旅行の一環で、プーケットでお寿司というのもありなのね。

 

”COSMO"ではやっぱりテラス席がいい

f:id:fuph:20181023233405j:plain

 

 

”ROCK SALT"でのランチ。これはマッサマンカレーと薪窯ピザ。

f:id:fuph:20181023233533j:plain

 

 

”ROCK SALT"で夕暮れ時のハッピーアワーはカクテル半額。モヒート。

f:id:fuph:20181023234038j:plain

 

 

 

”REFLECTION"で日没時のハッピーアワー。アペリティーボのセット。アペロールのスプリッツとカナッペ。

f:id:fuph:20181023234138j:plain

 

昼間に上から見た“REFLECTION”

 

f:id:fuph:20181023235427j:plain

 

 

部屋が広いつくりなのでルームサービスもゆっくりできておすすめ。バルコニーで頂くのもいい。

 

f:id:fuph:20181023234423j:plain

 

 

 

プール

プールは小さい。そしてひとつだけ。実際そんなにじゃぶじゃぶ泳がないので、これで十分なのだけれど、ホテルの規模にしては小さいと思う。

だからと言って、混み合っているのは見たことがないので、みんなビーチが目の前なのでそちらに行くのかな。

ナイハーンビーチは乾季はとても透明度が高くきれいなビーチ。雨季でも波は高いが、遊泳可能区域を設定して、ライフガード監視のもと泳げることが多い。

 

www.fufiinphuket.com

 

プールは小さくても絶景である。チェアやソファからの景色はそれはもう最高。

 

f:id:fuph:20181023234723j:plain

 

f:id:fuph:20181023234735j:plain

 

このホテル、どこにいても絶景なんだけど。

普段日本で、スムージーやシェイクにそこまで興味無く、そんなに飲まないのに、プーケットに来るとやたら注文してしまうのはなぜだろう。

 

f:id:fuph:20181023234901j:plain

 

 

 

ホスピタリティ

スタッフの方々はみんな笑顔で気持ちよく接してくれる。

チェックインはおしゃれなロビーでウェルカムドリンクとおしぼり。

 

f:id:fuph:20181023235004j:plain

 

お部屋にはウェルカムフルーツとターンダウン時におやつが用意される。

ホテルのすみずみまで清掃が行き届いていて大変気持ちいい。

滞在中にちょうど誕生日が重なった時は、ケーキも用意してくれた。

 

f:id:fuph:20181023235104j:plain

 

車の場合、フロントロビー前でパーキングスタッフに鍵を渡し、駐車をしてもらい、出かける時は部屋から電話を入れておくと、ロビー前にスタンバイしておいてくれる。

しかも運転席と助手席の横には冷え冷えのミネラルウォーターまで用意してくれている。

 

 

トータルで、わたしにとっては文句なしにおすすめのホテル。

プーケットのリゾートで、とにかくゆっくりしたい人にはぴったり。

毎回その景色とホスピタリティに魅了されます。

 

f:id:fuph:20181023235811j:plain