フーフィーのオールシーズンプーケットを遊びつくす!ブログ

魅力いっぱいのプーケット情報、年中楽しめる情報、書きつくしたい!

プーケット 真っ青な海と白砂!ラチャ島のおすすめホテル “The Racha”

今回はプーケット本島の南、アンダマン海に浮かぶラチャ島のラグジュアリーリゾートホテル、”The Racha"をご紹介。

 

f:id:fuph:20181026235127j:plain



 

ロケーション

 

”The Racha"はプーケット本島から南へスピードボートで30分ほどの距離にあるラチャ島の高級リゾートホテル。

ラチャ島は、ラチャ・ヤイとラチャ・ノイの2つの島からなり、”The Racha"ホテルは北のラチャ・ヤイ島のパトックビーチにある。

 

まずプーケット空港もしくは滞在先のホテルから、The Rachaホテルの車で、ボートの出るチャロン湾へ移動。

空港からだと1時間ちょっと。

チャロン湾にはホテル専用の待合ロビーがあって、ドリンク&おやつを頂きながら出発まで待つことができる。

 

f:id:fuph:20181026231029j:plain

 

チャロン湾のボート乗り場は、各方面へのツアー客で混雑していて、暑い炎天下で待っている人も多かったので、これは嬉しいサービス。

ボートもホテル客専用ボート。ライフジャケットを着用し乗り込む。

f:id:fuph:20181026233038j:plain

 

この時間は私たちの他はあと一組のカップルだけだった。

このときはそれほどでもなかったが、スピードボートは想像以上に揺れる。

何度か離島ツアーに参加したことがあるけれど、毎回かなり激しく、海面を弾むような感じで行くことも多い。

時々悲鳴があがったり、船酔い者が続出するような感じ。

なので私は毎回、酔い止め薬を飲むようにしている。

もともと乗り物酔いしやすい方なので、どこに行くのも「センパア」(これが一番きく!と私は思っている)は必携だ。

f:id:fuph:20181026233300j:plain

 

30分ほど行くと、ラチャヤイ島のパトックベイが見えてくる。

f:id:fuph:20181026233649j:plain

 

ボート降り場から下をのぞくと、魚がたくさんいるのが見えてテンション大盛り上がり。

 

f:id:fuph:20181026233722j:plain

 

ホテルは、絵にかいたような真っ青な海と、本当に真っ白な砂浜が美しいパトックビーチに面し、自然の中で、心も体も解放される思いを体験できる。

 

 

お部屋タイプ

 

ホテルの部屋は全てヴィラタイプで、合計85個のヴィラからなる小さな村のよう。

 

f:id:fuph:20181026234613j:plain

デラックスやスイート、プール付、5階建ての”The Lighthouse”まで全8種類。

 

今回私たちが泊まったお部屋は”Deluxe Villa"のタイプ。

f:id:fuph:20181026233927j:plain

 

43㎡+テラス。

清潔でモダンな白を基調としたベッドルームにバスタブ、シャワールーム。

 

f:id:fuph:20181026234454j:plain

 

テラスにはソファタイプのデイベッドとテーブル&チェア。

テラスの反対側にはアウトドアシャワーが付いている。

 2人でくつろぐに十分な広さで快適。

 

 

朝食&レストラン

 

f:id:fuph:20181027001212j:plain

 

朝食会場は、メインビルディングにある”Earth Cafe"と呼ばれる、パトックベイを前にした絶景のオープンレストラン。

一通りのインターナショナルブッフェスタイル。

パンやスイーツはホームメイド、卵料理はオーダー制、ジュースはフレッシュジュース。

 

ビーチフロントのサンセットビーチレストランでは、タイ料理や島のフィッシャーマンからダイレクトで仕入れるシーフードのバーベキューなんかが頂ける。

 

シグニチャーレストランの”Fire Grill"では、薪窯で焼いたピザやグリル料理、地中海料理が味わえる。

 

プールサイドレストラン&バーの”Club Del Mar"では、スナックメニューとドリンクが朝からサンセット時くらいまで利用できる。

 

f:id:fuph:20181027002255j:plain

 

f:id:fuph:20181027001832j:plain

 

 

 

ビーチ

ホテル目の前のパトックビーチには、1月のハイシーズンということもあってか、宿泊客以外にもたくさんの観光客が訪れる。

 

f:id:fuph:20181027002220j:plain

 

澄んだエメラルドグリーンとブルーの海、真っ白なパウダーサンドの砂浜を求めて、観光客を乗せたボートが到着する。

沖合にもダイビングやシュノーケリング客を乗せたボートが停泊している。

パトックビーチでもたくさんの魚が泳いでいるのが見える。

ビーチ一番端の左側が魚がたくさんいるよと聞いて、そちらでシュノーケリングをしたのだが、本当にたくさんの種類の魚が泳ぐのが見えて、あまりに楽しすぎたため、時間を忘れて没頭してしまった。

 

f:id:fuph:20181027002435j:plain

そして見事に背中は真っ赤な日焼け。

 

島を訪れている大半の人々が、日帰りツアーのお客さんなので、ツアーが到着するまでの朝と、ツアーが引き揚げた後の夕方は、人もまばらで、こんなにも美しいビーチをプライベート感覚で利用できる。

 

f:id:fuph:20181027002558j:plain

 

パトックビーチの端にはホテル以外の小さなレストランもあり、そちらから眺めるビーチ前景も素敵。

 

f:id:fuph:20181027002821j:plain

 

 

ホテルがあるこのパトックビーチとは反対側のSiam Beachにも、歩いて行くことができる。

そちらは人の姿もほとんどなく、ほんとに貸し切り状態。

f:id:fuph:20181027002945j:plain

 

 

小島のビーチの魅力ってこういうことなんだなーとしみじみ思える、自然が美しい静かなビーチ。

 

その他島の住人

 自然あふれる島だから。。。

f:id:fuph:20181027003500j:plain

 

f:id:fuph:20181027003514j:plain

 

 

 

 

タイの美しいビーチと言えば、ピピ島マヤベイが有名だけど、そちらはやはりそれなりに混んでいて、なかなかビーチでゆっくりはできなかった思い出がある。

それとは対照的に、同じスーパーパウダーサンドビーチで、しかもこんなにゆっくり過ごせて、プーケット本島からも程良く近いので、とてもおすすめです。

できれば日帰りツアーではなく、こんなに素晴らしいリゾートがあるので、一泊でもしてみて、静かな島のビーチを味わってみてほしい。

f:id:fuph:20181027004143j:plain