フーフィーのオールシーズンプーケットを遊びつくす!ブログ

魅力いっぱいのプーケット情報、年中楽しめる情報、書きつくしたい!

タイのおすすめ土産☆絶品!”ブルーエレファント”のタイカレー、つくれぽ!

 

タイのお土産と言えば、ドライフルーツやナッツ、アロマグッズ、タイ雑貨などが有名ですよね。

またタイ料理のインスタントものも、お土産売り場やスーパーにたくさん並んでいてお手頃価格で人気です。

その中でも今回ご紹介したいのは、”ブルーエレファント”ブランドのタイカレーペーストです!

数あるブランドの中で、断トツのおいしさです!

おすすめの理由や、実際に日本で作ってみたつくれぽをまとめました☆

 

 

ブルーエレファントとは?

ブルーエレファントは、高級タイ料理レストランで、もともとは1980年にベルギーでタイ人が始めたレストランですが、その後人気店となり、世界各地に広がった後、2002年にタイ、バンコクに逆輸入の形でオープンしました。

プーケットには、プーケットタウンに、シノポーチギースタイルの素敵なお屋敷を改装したレストランがあります。

 世代を超えて受け継がれた伝統的な王宮料理を中心に、ハイクオリティの素材を駆使したユニークなメニューも織り交ぜて、素晴らしいホスピタリティのもとに頂くことができるブルーエレファントのレストラン。

プーケットを訪れた際は、プーケットタウンまで足をのばして是非訪れたい場所です。

 気軽な曜日替わりのランチメニューも人気です。予約がベターです。

 

また、毎日クッキングレッスンも開催されています。シェフから本格タイ料理を習った後は、お屋敷レストランでそれを頂くことができます。

タイ国政府観光庁のピーアール旅動画、乃木坂46が巡る「こんなタイ、知らなかった。」で、こちらのお料理教室の模様が紹介されていますね。

 

 

おすすめ土産のカレーペースト

このブルーエレファントブランドからは、様々なグッズが販売されています。

お土産に利用しやすい食品類では、ドライフルーツやナッツ、お茶、ジャスミンライス、調味料やドレッシング、カレーペーストやソース、クッキングセットなどがあります。

どれもお土産にちょうどいい、おしゃれで高級感のあるパッケージが魅力です。

f:id:fuph:20181122011450j:plain

 

そんな中でも、おすすめはカレーペースト。かさばらず、調理も簡単です。

日本のスーパーでも、タイカレーペーストをよく見かけるようになりましたが、私が今まで試した数あるペーストの中で、ブルーエレファントはダントツのおいしさです!

 

グリーンカレー、レッドカレー、イエローカレー、パネーンカレー、マッサマンカレーと種類があります。

f:id:fuph:20181122011404j:plain

いつもパトンビーチのショッピングモール、ジャンクセイロン内のスーパー”Big C”で買いだめしています。

お気に入りはグリーンカレーですが、手元にストックがもう無かったので(泣)、イエローカレーバージョンで、作り方のご紹介です。

 

本来の作り方

 パッケージに記載の、本来の作り方はこちらです。

 

 材料(3~4皿分)

イエローカレーペースト・・・70g(辛いのが苦手な方は50g)

大きめのエビ・・・12尾(頭は取っておく)

ジャガイモ(大)・・・1個

玉ねぎ・・・1個

チェリートマト・・・6~8個

アスパラガス・・・6本

植物油・・・大さじ2

ココナッツクリーム・・・400ml

フィッシュソース(ナンプラー)・・・大さじ1

砂糖・・・大さじ1/2

・・・100ml

パイナップル(オプション)・・・120g

 

作り方

①玉ねぎは角切り、チェリートマトは半分に、アスパラガスはスライス、ジャガイモは4つ切り、エビは皮をむいて背わたを取り除く。

②フライパンに植物油大さじ2を熱する。

③そこにイエローカレーペーストを加え、香りがたつまで炒め、弱火にする。

④ココナッツクリームを半分加え、沸騰するまで煮る。

⑤残りの半分も加え、水100mlと一緒に沸騰するまで煮る。

⑥エビと野菜などの具を加える。

⑦ナンプラーと砂糖で味を整える。(缶詰めのパイナップルを使う場合は、シロップの甘みを考慮し砂糖を加減する。)

⑧具が柔らかくなるまで煮込んだら、黒米と一緒に盛り付けて完成。

 

 もともとイエローカレーは、タイカレーの中でもマイルドなので、アレンジなしでも日本人向けのお味です。

 

 

私流アレンジ

私はいつもこのように作ります!

 

材料 (3~4皿分)

イエローカレーペースト・・・1袋(70g)

鶏肉・・・300~400g

好みの野菜・・・適当

ココナッツミルク・・・1缶

牛乳・・・1カップ

・●●●●(秘密の隠し味、もったいぶって後ほど発表!)・・・2カケ

 

作り方

①具を切る。

 今回は鶏肉、人参、玉ねぎ、ジャガイモ、ナス、パプリカです。

f:id:fuph:20181122011546j:plain

 

②鶏肉を炒める。

 深めのフライパンに薄く油をひき、鶏肉を炒めます。

f:id:fuph:20181122011605j:plain

 

③野菜を加える。

 鶏肉に焼き目がついたら、野菜類を加えて炒めます。

④カレーペーストを加える。

 野菜に火が通ったら、カレーペーストを加えて炒めます。

⑤ココナッツミルクを加える

 一炒めしたら、ココナッツミルクを加えます。

f:id:fuph:20181122011626j:plain

 

 具が柔らかくなるまで煮ます。

 

⑥秘密の隠し味を投入!

 ここで私はバー●ントカレー中辛のルーを2カケ入れちゃいます。

f:id:fuph:20181122011713j:plain

 

 そんなの邪道だよ!という方は、もちろんいれなくていいです。が!

 入れた人にだけ分かるこの旨さ!

 ドロッとしすぎたら、牛乳を適量加えてのばします。

 一煮立ちして完成です!パチパチパチ。 

  ご飯は黒米を混ぜて少し固めに炊いてます。

 

f:id:fuph:20181122011657j:plain

盛り付けに工夫がなく、なんか和風に見えてイマイチ ですが、お味は絶品です!!

カレー屋さんできるんじゃないかと思っちゃうくらいおいしいのです!

 

まとめ

レッドカレー、グリーンカレーはレシピ通りに作ると結構辛目です。

それがおいしいのですが、日本の市販のカレールーを加えると一気にたべやすくなり、コクも加わり最高です。

イエローカレー、パナーンカレーは、辛みがそこまで強くないのでレシピ通りでいいかもです。

マッサマンカレーはピーナツの甘みもあってマイルドなので、アレンジなしがおすすめです。

グリーン・イエローはエビやチキン、レッドカレーやマッサマンはビーフや羊肉系があいそうです。

プーケットのどこのスーパーでも、タイカレーペーストはいろいろな種類がずらりと並びますが、このブルーエレファントブランドは、少し高級系のスーパーでしか置いていないようです。

値段も他より高めですが、ほんとに味が違います!

観光客にとって一番アクセスしやすいのは、ジャンクセイロンにあるスーパー”Big C”か、空港内の免税店ですが、空港よりスーパーの方が安く手に入ります。

ジャンクセイロンはこちらを見れば丸分かり!の解説ページです。↓ 

 

国際線・国内線ターミナルがややこしいプーケット空港情報はこちら☆ 


その他パトンビーチでのショッピング情報、ナイトマーケット情報などはこちらをご覧下さい☆

 

このブルーエレファントカレーペースト、以前はアマゾンでも取り扱いがあったのですが、今は無いみたいです。

買いだめ在庫を切らした時は、アマゾンで購入していたので残念です。

 

タイに行かれる予定の方、とにかく感動のおいしさで、タイカレーに目覚めます!ぜひお試しを!!

 

 

 

空港から市内までのアクセスはこちら☆


 

水着をまだ購入していない人はこちらをまずチェック☆