フーフィーのオールシーズンプーケットを遊びつくす!ブログ

魅力いっぱいのプーケット情報、年中楽しめる情報、書きつくしたい!

卒業旅行は南国プーケット!!節約プラン☆5万円から!

前回、タイ国政府観光局のPR動画、”乃木坂46が巡る「こんなタイ、知らなかった。」プーケット篇”のガイド記事を紹介しましたが、卒業旅行として巡るには、なかなかハードルの高いルートと料金になるため、改めて卒業旅行でプーケットに行くなら、こんな感じがおすすめ!という記事を書くことにしました。

節約の格安プランで考えてみましたので、予算が足りずに諦めていた方も、参考にしてみてください☆

 

 

ちなみに乃木坂コピープランはこちらです↓↓↓



 

卒業旅行にプーケットがおすすめな理由

①南国、絶景、それだけで楽しい!

旅先の気候がいいというのは、それだけで気分がいいです。卒業旅行シーズンの2月・3月は、熱帯モンスーン気候のプーケットは乾季の真っただ中、安定したお天気の日が多く、海の透明度も上がります。

乾季の晴天の日にとるプーケットの写真は、真っ青な空、エメラルドグリーンの海、白砂のビーチ、まさに絵葉書のような絶景です。

旅行中だけでなく、あとあと見返した時も、とてもきれいな思い出にうっとりします。

f:id:fuph:20190106165108j:plain


 

②物価が安い!ので多少贅沢できる☆

同じビーチリゾートのハワイやグアムと比較して、ホテル代や飲食費が安いと感じることが多いです。もちろん超高級ホテルもありますが、本当にピンからキリまで、幅広い選択肢があるので、予算に合わせてホテルランクやレストラン選びができます。

たとえば1泊1人5000円のホテル予算だと、卒業旅行シーズンの2月・3月で、プーケットなら4つ星ホテルに泊まることができます。

小奇麗な2つ星、3つ星なら1人1泊2000円~3000円で探せます。

 

③治安がいい!ので夜遊びもできる★

プーケットは世界有数のビーチリゾートで、タイの中でも裕福な地域です。

目立って危険な貧困街などはなく、中心地のパトンビーチでは深夜まで人通りが多いので怖い思いをすることも少ないです。

夜遊びの中心地”バングラロード”やその周辺の大通りでは、夜遅くまで明るく観光客も多いので、夜遊び帰りの夜道も、路地裏などを避ければ危険な目にあうことは少ないと言えます。

しかしいくら治安がいいとは言っても、日本と同じように、人通りのない裏道や、特に女性は夜中のビーチ歩きは避けるにこしたことはありません。

プーケットにおいて犯罪で気をつけたいのは、ぼったくりや詐欺の部類です。

タクシーやトゥクトゥクは、乗る前に値段の確認をすること、話がおかしいと感じた時は交渉に応じないなどの対策をして気をつけたいです。

また、街歩きで危険を感じるのは交通面でしょう。車やバイクは、歩行者がいてもビュンビュン通りすぎて行きますし、多人数乗りで不安定なバイク、路肩を逆走する車などもしょっちゅう見かけます。タクシー運転手も、ケータイ片手運転でスピードを飛ばす車も多いです。

自身が運転する時も同様、充分に気をつけるべきです。信号が青になったからと言ってすぐに前進すると、前をぎりぎりで横切る車がいたり、ノーヘルのバイクが何十台も真横や前をすり抜けていきます。ビーチ近くの通りは砂で滑りやすいことも多いので、バイクの2人乗りなどをするときは、本当に注意しましょう。

夜遊びにあまり危険はありませんが、飲みすぎた場合の帰り道、道路の横断などは特に気をつけたいです。楽しく遊んで安全に帰りましょう☆

 

格安プラン

☆航空券☆

一番の節約ポイント、まず航空券は格安航空会社LCCで。

プーケットへは日本から直行便が出ていないので、どの航空会社でもどこかで1度乗り継ぎになります。

LCCで乗り継ぎがいいのは、関空・成田ともにエアアジアがバンコク乗り換え便、香港エクスプレスが香港乗り換え便。

2月末に出発すると、関空からなら往復約25000円、成田で約30000円が現在(2019年1月)最安値です。3月出発で約5000円アップほど。(スカイスキャナーの航空券比較 調べ)

 

☆ホテル☆

その次に大きく節約できるのはホテル代。

一番の繁華街があって、その他の場所へもアクセスが便利なパトンビーチエリアの場合。

最安値は相部屋ドミトリータイプ で1人1泊1000円弱から。男子旅ならOKかもですね。

1泊1部屋4000円(1人2000円)くらいで、寝泊まりするのに不便のない、2つ星のわりと綺麗なホテルに泊まれます。

1人3000円くらいになると、ホテルの設備もプールやレストランのある3つ星、4つ星ホテルが探せます。

そこから少し予算をあげると、景色のいいホテルのシービューの部屋で、リゾート気分を満喫できます。

 ◎1人一泊2000円~2500円くらいで、立地・評価・コスパが良いホテル

Ruen Bauthong Boutique Hotel  ビーチ近く。モダンなお部屋。

88ホテル  プールあり。ジャンクセイロン近く。

Moxi Boutique Hotel  プールあり。新しくて清潔。

ラ デ ブア ホテル  パトンエリア中心地。徒歩5分で何かと揃う。

SunSeaSand Hotel  プールあり。ジャンクセイロンすぐそば。

99 Voyage Patong  シンプルでスタイリッシュなお部屋。パトン中心地。

Forty Winks Phuket Hotel  プールあり。モダンなお部屋。

Patong Marina Hotel  パトンビーチ目の前。

 

検索した時点(2019年1月)での、上から価格が安い順 。

残室わずかのホテルも多かったので、リアルタイム情報は【Booking.com】世界のホテル割引予約 でチェックしてみて下さい。こんないい感じなのに、こんな値段で泊まれるなんて!っていうホテルがたくさん出てきます。セールもちょいちょいやってます。

口コミ・詳細はトリップアドバイザー・パトンエリア もチェックしてみてください。

 

☆島内の移動☆

最近になって、空港から西海岸の主要ビーチを結ぶ便利なバス”プーケットスマートバス”が運行し始め、タクシーに頼らず安く簡単に移動できるようになりました。

これを上手に利用すれば、移動費が大きく節約できます。

例えば空港からパトンビーチまでは150バーツ(タクシーなら800バーツ)、パトンビーチから近隣のカタ、カロンビーチへは50バーツで行けちゃいます。

詳しくはこちらにまとめています。

 

 

ローカルライフの中心地、プーケットタウンへは、青い“ソンテウ゛と呼ばれるバスが安くて便利です。こちらはバス停以外でも手を上げると止まってくれます。料金は車内で集金係が回ってくるので、なるべく小銭を用意しておきましょう。

バスやソンテウがない場所へは、タクシー、バイクタクシー、トゥクトゥク での移動になります。

 

☆食事☆

プーケットでは、タイ料理、プーケット料理、シーフード料理はもちろん、中華、インド料理、イタリアン、フレンチ、トルコ料理など、ありとあらゆる世界の料理が揃います。

また、高級ホテルレストラン、街中のレストラン、ローカル向けレストラン、屋台など、値段の幅もとても広く、選択肢が多いのが特徴です。

屋台でもスイーツやフルーツスタンド、麺類、シーフードのグリル、チキン、パッタイ、カレー類などなど多様に揃います。

パトンビーチエリアでは、歩いているといろいろな屋台を見かけますし、バンザーン市場の近くやナイトマーケットのマリンプラザに行けば、おいしそうな料理がずらりと並び、これらはたいてい数十バーツです。

一般的なレストランでも、一人200~300バーツでお腹いっぱい食べられるところは割と簡単に見つかります。

朝早くからモーニングメニューを出しているところも多いですし、夜は深夜まで営業しているところもたくさんあります。

安くておいしいおすすめレストランなど、パトンビーチの詳しい情報はこちらにまとめています。↓↓↓


 

☆現地ツアーなど☆

プーケットにはたくさんの現地ツアー、ショーなどがあります。

ピピ島やシミラン諸島、ラチャ島、パンガー湾など、スピードボートや大型船で行く離島ツアーや、象のショー”プーケットファンタシー”、おかまちゃん達のショー”サイモンキャバレー”、スタジアムで見るムエタイボクシング、熱帯の森を探検するサファリ、象に乗って森を歩く”エレファントサファリ”、などなど。。。

プーケットに行ってから、ホテルのツアーデスクや街中の旅行カウンターでも予約できます。街中の旅行カウンターが一番安く予約でき、交渉次第でディスカウントしてくれるところも多いです。

英語予約が不安な方は、事前に安心して現地ツアーが日本語で予約できるサイト、プーケットのオプショナルツアー予約VELTRA が便利でおすすめです。

 

旅行代金

なるべく節約で行く場合、航空券はLCC、ホテルは1人1泊2000円以内、飲食費は1日2000円として5泊6日で5万円くらいです。

そこに予算や時間が許す範囲で、現地ツアーやショーなどを組み込みたいですね。

ツアーに行かずとも、プーケット島内で楽しめることはたくさんあります。

街中のそこらじゅうにあるタイマッサージ店では、1時間1000円くらいの破格(日本と比べると)で、本格マッサージを体験できます。

秘境と呼ばれるフリーダムビーチや、パトンからフリーシャトルバスのあるパラダイスビーチへ出かけるのも楽しいです。

宿泊ホテルは節約しても、5つ星豪華ホテルのバーなどで、絶景を楽しみながらカクテルを頂いたりも、ハッピーアワーを狙って行けば500円~1000円くらいで素敵ゴージャス気分を味わえます。

お土産も空港は割高なので、マーケットやスーパー(ショッピングモールのジャンクセイロン内にあります)で調達するのがおすすめです。

節約できるところは節約して、それでも十分楽しめるプーケット、ぜひ卒業旅行の行き先に検討してみてください!!

 

参考ページ

・パトンビーチ総合情報


・ショッピングモール”ジャンクセイロン”ガイド 


・秘境フリーダムビーチへの行き方


・雰囲気抜群☆パラダイスビーチへの行き方


・おすすめ現地ツアー”パンガー湾”


・透明度抜群の離島”ラチャ島”&”マイトン島”



・パトンのおすすめマッサージ店


・プーケット物価情報


・迷子防止☆お得なSIMカード


・プーケットでの服装