フーフィーのオールシーズンプーケットを遊びつくす!ブログ

魅力いっぱいのプーケット情報、年中楽しめる情報、書きつくしたい!

Desenzanoの街散策とランチ前アペリティーボ☆

ぶらりと朝市を楽しんだ後は、ランチ前のアペリティーボ(食前酒)に向かうことに。

前回の朝市の記事はこちら☆


このイタリア旅行は、イタリア人の主人の帰省に付きそうものですが、ここ最近は私が億劫がったために(反省。)一人で帰ってもらっていました。

今回は7年ぶりくらいに一緒に来たので、デセンツァーノの街を散歩するのも久しぶりです。

 

ガルダ湖の南に位置する湖畔の街デセンツァーノは、ミラノとベネチアのちょうど真ん中あたり。

 

2大都市を結ぶ特急列車の停車駅でもあるので、どちらも1時間〜1時間半で行くことができます。

 

またコモ湖と並んで夏のリゾート地として人気があり、別荘地としても有名です。

週末に都会ミラノ人達が、またバカンスに周辺国から観光客が訪れます。

なので冬場とは打って変わって、夏のシーズンはとても活気のある街になります。

そんな訳で毎年、主人は夏になると、日本の蒸し暑さに追い打ちをかけられて、「イタリアに帰りたい。。」とホームシックになります。 

 

そんなデセンツァーノの街をぶらり。

f:id:fuph:20191129162435j:plain

 

f:id:fuph:20191129163857j:plain

 

f:id:fuph:20191129163043j:plain


 

 

治安もイタリアの中ではかなり良い方で、感覚的には日本とそう変わりません。

 

小さい街ながら、センスのいいセレクトショップがたくさんあり、ウィンドウショッピングも楽しいです。

f:id:fuph:20191129162954j:plain

 

f:id:fuph:20191201161333j:plain

 

 

f:id:fuph:20191201161212j:plain



 

f:id:fuph:20191201161235j:plain


 

 

オープンテラスのカフェやレストランが多く、開放的なリゾート感を感じられます。

f:id:fuph:20191201161539j:plain

 

f:id:fuph:20191129163610j:plain

 

f:id:fuph:20191129163820j:plain



 

湖沿いはきれいに舗装され、お散歩にぴったり。

f:id:fuph:20191129163349j:plain

 

もちろん湖水浴も楽しめます。

f:id:fuph:20191129163418j:plain



 

木陰のベンチでくつろぐ人々。

f:id:fuph:20191129163442j:plain


 

 

街の中心の広場にあるバールで、アペリティーボにします。

f:id:fuph:20191201161431j:plain

アペリティーボとは、そもそも食前酒のことですが、夕食前にちょっと一杯をおつまみや軽食とともに頂く 、イタリアに根付いた文化です。

例えばお友達と夕食を食べに行く場合、待ち合わせを兼ねてバールでアペリティーボをしてから、レストランに移動する、というパターンがよくあります。

 

お休みの日やバカンス中は、昼食前にもアペリティーボを楽しむことがあります。

アペリティーボの一番代表的なスタイルは、こんな感じ。

f:id:fuph:20191201161457j:plain


 

スプリッツと呼ばれるカクテルとポテトチップやオリーブなどのおつまみです。

オレンジ色のスプリッツは、アペロールというリキュールを使ったもの。

赤い場合はカンパリのスプリッツです。

 

とっても良い気分になったところで、お昼ご飯に向かいます。

今日のお昼ご飯は・・・マンマの手料理♪♪

昨日の夜遅くにイタリアに到着したので、今から義父母に会いに行きます。

私たちのイタリアの家と同じ町内なので、こちらに帰ってきた時は、しょっちゅう昼ごはんを頂きに行きます☆

ご飯も楽しみですが、もちろん7年ぶりの再会も楽しみです☆

 

 

このイタリア旅行の記事もくじ一覧はこちら☆