フーフィーのオールシーズンプーケットを遊びつくす!ブログ

魅力いっぱいのプーケット情報、年中楽しめる情報、書きつくしたい!

プーケットの秘境ビーチ・Leam Sing ビーチ情報【2020年版】

プーケットの大好きなビーチのひとつ、Leam Sing ビーチ

以前も記事にしたことがありますが、先日訪れた際、当時より変更点がいろいろあったので、2020年版として更新します☆

 

f:id:fuph:20200219161355j:plain



 

 

 

ロケーション

Leam Sing ビーチはプーケット西海岸、カマラビーチとスリンビーチの間にある小さなビーチです。

 

 

カマラ・スリン両ビーチからはそれぞれ車で5分ほど、観光客が一番集まるパトンビーチからは15分~20分くらいです。

パトンビーチからカマラビーチエリアを過ぎて道なりに(ほぼ1本道です)行くと、Leam Sing ビューポイントという展望台が左手に見えてきます。

そこからは、緑に囲まれた美しいビーチを一望できます。

 

f:id:fuph:20200218162232j:plain

 

以前(2017年より以前)は、この崖の上からビーチへ下る道があって、10年以上前は隠れビーチとして欧米人を中心に人気がありました。

ビーチにはチェア&パラソルのサービスはもちろん、ピザ窯を構えるタイ&イタリアンレストランもでき、混雑した大きなビーチを避ける旅慣れたヨーロッパ人たちが、この小さな美しいビーチを楽しんでいました。

 

近年人気が高まって、年々混雑しだした印象でしたが、2017年に突如、ビーチへ降りる道が閉鎖されてしまいました。

当時の看板には、その道が通っている土地の所有者が、私有地の通行を不可にしたためと書かれていました。

 

以前書いた記事はこちら。↓数年前のLeam Sing ビーチの姿はこんな感じでした。

 

 

その後、Leam Sing ビーチへは行っていなかったのですが、どうやら陸路は無理でも海路で行けるらしいという情報を聞いて、早速行ってみることにしました。

 

アクセス方法

と言う事で、陸路では現在行く事ができないため、隣のスリンビーチからロングテイルボートで、Leam Sing ビーチを目指すことにしました。

 

スリンビーチの駐車場にバイクをとめ、ビーチへ向かって歩いて行くと、チェアのサービスはいらないかとビーチボーイに声をかけられたので、「リムシンビーチに行きたいの!」と答えると、彼がボートを出してるよ!と案内してくれました。

 

f:id:fuph:20200218163808j:plain

 

ビーチにロングテイルボートの案内も出ていました。

 

f:id:fuph:20200218163849j:plain


 

値段は往復一人300バーツとのこと。

そこまで高くないかなということと、どのボートも同じ値段ということ、年末年始のハイシーズンなので、値切らなくてもいいかなと思い、了承しました。

乗り込む前に、Leam Singビーチに売店やトイレはあるかな?と聞くと、レストランが1軒あるから大丈夫とのことで、お昼前でしたが何も食べずにそのまま向かうことにしました。

ちょうど同じタイミングでもうひと組お客さんが来たので、一緒に乗り込んでLeam Sing ビーチへ向かいます。

 

背後に見えるのはスリンビーチ。 

f:id:fuph:20200218164127j:plain

 

f:id:fuph:20200218164238j:plain

 

f:id:fuph:20200218164309j:plain

 

所要時間5分ほど。近いのであっという間です。

ロングテイルボート、何度も乗っていますが、やはり趣があってなかなか楽しいですね。

もうちょっとぐるっと乗っていたいくらいです。

 

スリンビーチを後にしたかと思うとすぐに、リムシンビーチが見えてきます。

 

f:id:fuph:20200218164431j:plain

 

到着。 

f:id:fuph:20200218164615j:plain

 

乗り降りはお兄さんが手伝ってくれます。(結局濡れるけど)

 

往復でお願いした場合は、帰りの希望時間を伝えると、お迎えに来てくれます。

このお兄さんは、ちゃんと片道分の半額だけ頂いて、残りは帰りにもらうよと言ってくれました。

 

帰りの時間が未定で決まらない場合は、行きのボートとは違うボートで、帰りたい時間にリムシンビーチから帰りの片道だけをお願いして利用することもできます。

ビーチにこんな感じの受付?があるので、ここでお願いします。

f:id:fuph:20200218170146j:plain

ちゃんと片道一人150Bと書かれた明瞭会計で安心です。(ボケて見えないけど)

 

ビーチの特徴

 ロングテイルボートは、岩の少ないビーチの北側辺りに着きます。

 

f:id:fuph:20200218170312j:plain

 

北側半分ほどは広々としたパウダーサンドのビーチですが、ビーチ自体に陰がなく、遊んだり、泳いだり、焼いたりするにはこのエリアが最適です。 

f:id:fuph:20200218170436j:plain

 

反対の南側は岩場が多く、ビーチの背後に背の高い木々が多いので、その辺りにビーチタオルを広げる人が多いです。 

f:id:fuph:20200218170517j:plain

 

f:id:fuph:20200218170541j:plain

 

海側から見るとこんな感じ。人も少なく自然のままのビーチです。 

f:id:fuph:20200218194955j:plain

 

ピークシーズンである1月3日でこのくらいの人々。 

f:id:fuph:20200218195111j:plain

 

南側は水中も岩がごろごろしています。 

f:id:fuph:20200218200013j:plain


なのでシュノーケリングにぴったり。

f:id:fuph:20200218195823j:plain

 

たくさん泳ぐ姿が見えます。 

f:id:fuph:20200218195941j:plain

正面顔がかわいい☆ 

f:id:fuph:20200218200327j:plain

こんな透明っぽいのも。 

f:id:fuph:20200218200355j:plain

鳥(サギかな)が水面を凝視して狙っているのは・・ 

f:id:fuph:20200218200455j:plain

 

小魚の大群でした。 

f:id:fuph:20200218200523j:plain

 

 

ビーチの施設 

チェア&パラソル

以前あったビーチチェア&パラソルのサービスは、現在(2020年1月)はなくなっていました。

なのでビーチタオルや敷物を持参します。

先ほど紹介したように、南側の方がタオルを広げる木陰が多いです。

北側は、木々の下はワイルドなデコボコ地面で、ビーチはほぼ日向です。

 

レストラン&売店

ビーチの北側から少し上がった崖道の上に、レストランが1軒あります。

 

f:id:fuph:20200219171811j:plain


 

ちょっと危険な道を通ります。 

f:id:fuph:20200218200824j:plain

 

気をつけて通ります。 

f:id:fuph:20200218201355j:plain

 

こちらからはビーチが一望できます。 

f:id:fuph:20200219161628j:plain




 レストランはこの道沿いにありました。

f:id:fuph:20200218200951j:plain

 

素敵な景色を楽しみながら食事ができます。 

f:id:fuph:20200219161957j:plain



私たちがオーダーしたもの。

イエローカレー。 

f:id:fuph:20200219161724j:plain



どこでもとりあえずオーダーしてしまうチキンサテ。ビールとこれで幸せ。 

f:id:fuph:20200218201141j:plain

 

ココナッツミルクのチキンスープとライス。 

f:id:fuph:20200219161808j:plain

とてもおいしく頂きました。
値段もリーズナブルで良心的です。

 

トイレ&シャワー

ビーチにトイレはありませんが、このレストランの奥にトイレがあるので、そこをお借りします。

シャワーはどこにもありません。

 

まとめ

以前は年々訪れる旅行者が増え、それに伴い透明度も下がったと言われていたので、陸路がなくなったことで人がぐんと減り、自然の力で以前の美しいビーチにもどってきつつあるようです。

活気があったころのLeam Sing ビーチが懐かしいですが、ビーチにとって、一休み的な時間があった方がいいのかな。

プーケットには旅行者が押し寄せる有名ビーチ以外に、こんな素朴で美しいビーチがたくさんあります。

混雑したパトンビーチだけを見て帰ってしまうのはもったいない!!

ぜひともいろいろなビーチ巡りをしてみてほしいです!

 

帰りもイケメンお兄さんのボートで帰りました。

f:id:fuph:20200218201321j:plain