フーフィーのオールシーズンプーケットを遊びつくす!ブログ

魅力いっぱいのプーケット情報、年中楽しめる情報、書きつくしたい!

【女子旅】完コピ旅行ガイド☆乃木坂46が巡る「プーケット篇」【卒業旅行】

皆さんもご覧になりました?

乃木坂46が巡る「こんなタイ、知らなかった。」

タイ国政府観光庁のピーアール旅動画。

プーケット篇は、白石麻衣ちゃんと松村沙友理ちゃんの可愛い2人の女子旅です☆

絶景バー、離島ツアー、タイ料理レッスンから町歩きまで、完コピできちゃう解説付きのガイドです。

卒業旅行におすすめの、理想ルートプランも付け加えました☆

もう見た方も、まだの方も、まずはこちらでおさらいして下さい! 

 


乃木坂46 が巡る「こんなタイ、知らなかった。」プーケット篇

 

 

登場場所 

#Roof Top Bar

最初の絶景ルーフトップバー。

こちらはプーケット南東部の高級ホテル“ Sri Panwa”にある”Baba Nest"というルーフトップバーです。

北西に位置する空港とは真反対のパンワ岬の先端にあります。

 

 

海に突き出た立地ですので、とにかく周囲ぐるっと絶景が見渡せます。

この”Baba Nest”、世界の絶景ルーフトップバー、ビーチバーのベスト3の常連となっているほど、人気のスポットです。

 

f:id:fuph:20181215165946j:plain

 

毎日午後5時~9時のみの営業で、おすすめは「早めの時間に行って、明るい時の絶景を楽しみながらサンセットを待つ 」がベストだと思います。

予定が決まり次第、早めに予約するのがベターです。

ホテル滞在客と、それ以外のゲストとでは、最低利用料金などを別で設けていますので、予約時にきちんと確認しましょう。 

雨天の場合はクローズします。

もっと詳しいスリパンワホテルの情報はこちらにまとめましたのでご覧ください。

 

www.fufiinphuket.com

 

 

#Maiton Island

 次はボートで行く離島のマイトン島

こちらは先ほどのパンワ岬から、スピードボートで15分くらいのところにある、とても自然の美しいプライベートアイランドです。

プーケット本島からは、ツアー会社が運営する1日ツアーに参加して行くことになります。

海の透明度は抜群、ビーチはパウダーサンドの白砂、熱帯雨林の森が残る素敵な島です。

現在はピピ島などに比べて、ツアー客も少なく、まだまだ秘境と呼べるような島ですから、是非とも行ってみて下さい。

マイトン島の詳しい情報はこちらにまとめています。

 

www.fufiinphuket.com

 

#Cooking School

お料理にチャレンジシーンは、プーケットタウンにあるシノ・ポーチギーススタイルのお屋敷レストラン“Blue Elephant”のクッキングレッスンです。

このブルーエレファントレストランは、もともとベルギーで、タイ人が始めたタイ料理レストランですが、それが人気店となり、後にバンコクやプーケットに逆輸入される形でオープンしました。

現在ではレストランだけでなく、カレーペーストや調味料、ドライフルーツやナッツなどのお土産品も有名です。

クッキングレッスンは1日、午前半日、午後半日などのプログラムが、日曜日以外毎日開催されています。

費用は半日(4時間程)レッスン、4品のメニューで一万円程度。

午前のレッスンでは、シェフの先生が近くの市場へ案内してくれます。

午後のレッスンでは、スイーツが1品増えます。

レッスンが受けられるメニューは曜日変わり、本格的なタイ伝統宮廷料理が学べます。

 

ブルーエレファントについて、もう少し詳しくこちらにのせてます。 

www.fufiinphuket.com

 

#Spa

広々とした素敵なスパ、こちらはバンタオビーチのラグーナエリアにある、高級ホテル”Banyan Tree Phuket"の有名スパです。

バンヤンツリースパと言えば、タイスパの先駆け、今や世界各地に展開する人気高級スパで、プーケットはその一号店であり、セラピストのアカデミー まで併設しています。

肉体的、精神的、そして魂までもが浄化される場所。

シグニチャーメニューの、ロイヤルバンヤンで150分10500バーツ、なかなかのお値段ですが、日本国内唯一の宮崎シーガイアにあるバンヤンツリーでは、同じメニューが55,000円ですので、お得ですね!

最高のセラピストの技術とホスピタリティで、思いっ切り癒やされたいです。

場所はこちら。

 

#Old Town

カフェでおまんじゅうのようなお菓子をほおばるシーンは、プーケットタウンにある”Chino@Cafe` Gallery"です。

小さなカフェですが、パンケーキやフレンチトーストなどのスイーツメニューも豊富で、欧米人客で賑わっています。

2人が食べているのは、ローカルスイーツで、豆や卵、砂糖などから作られており、ひとつ10バーツと気軽にお味見できます。

ソルティとスイーツの2種から選べます。

お店はカフェ兼アートギャラリーになっていて、とてもリラックスしておいしいコーヒーが頂けます。

 

#Pink Wall

ピンク色の壁がかわいいお店は”Torry's icecreem”というジェラート店です。

店内はアンティークな雰囲気のとてもおしゃれなお店です。

パフェやあんみつのようなもの、ブリオッシュにジェラートをはさんだもの、もっと斬新なスイーツなど、アイスクリームを使ったいろんなお菓子が楽しめます。

こちらのお店も、プーケットタウンにあります。

クッキングレッスンのブルーエレファントレストランやChinoカフェも、同じオールドタウンと呼ばれるエリアです。

そして次のシーンのマーケットも、同じエリアで開かれています。

#Sunday Market

プーケットオールドタウンの中心地タランロードで、毎週日曜日の午後4時から10時頃まで開催されるナイトマーケットです。

シノポーチギーススタイルの街並みがライトアップされ、幻想的な雰囲気の中、実に様々な食べ物や雑貨、アーティスト達の作品が並び、パフォーマンスが行われたりしています。

プーケットタウンへは是非日曜日に狙って行きたいですね☆

 

#Seafood Restaurant

 こちらはプーケットの南、チャロン湾の桟橋近くにある老舗のシーフードレストラン、”Kan Eang@pier"です。

ここでは生簀から直接魚介類を選んで、好みの調理法でサーブしてくれるスタイルで、とても新鮮でハイクオリティなお料理が頂けることで有名です。

また、海沿いのオープンスペースに席がびっしりと並び、ロングテイルボートが浮かぶ素敵な景色を眺めながら、ゆっくりと楽しむことができます。

伝統的なタイ料理やプーケット料理に加えて、お寿司やお刺身、天ぷらなどの日本料理が、新鮮なシーフードで頂くことができます。

 

#Sunset Dinner

大きな木の木陰で、海風を感じながら青い海を眺めてのランチも素晴らしいですが、夕暮れ時は格別に美しくロマンチックな雰囲気を味わえます。

中心地からは少し距離がありますが、わざわざ行く価値のあるレストランです。

特別な日のディナーにぴったりの、洗練されたスタイルとサービスで、プーケット旅行の特別な思い出になることでしょう!

☆場所☆

OPEN  毎日 am10:30~pm11:00 

 

まとめ

プーケットの魅力がぎっしり詰まった内容のビデオ、憧れにとどまらず、ぜひとも同じ体験をしてみましょう!

全てを盛り込んだ理想のモデルプラン、こちらです☆↓↓↓

 

www.fufiinphuket.com