フーフィーのオールシーズンプーケットを遊びつくす!ブログ

魅力いっぱいのプーケット情報、年中楽しめる情報、書きつくしたい!

秘境3! パトンビーチからすぐ!の、フリーダムビーチ

プーケットには大小合わせて20以上のビーチがあると言われています。

その中でも抜群の透明度を誇る、フリーダムビーチの紹介です☆ 

 

f:id:fuph:20181020001035j:plain

 

ロケーション 

フリーダムビーチはプーケット西海岸、パトンビーチの南、岬を挟んだすぐ近くに位置する小さなビーチ。

 

 

アクセス方法 

地図で見ると、こんなにパトンビーチの近くなのになぜ秘境なのかと思いますが、それは単純に陸路がとても険しいということ。

私が行ったのは2012年の1月で、その時は陸路は無いと聞いていました。

パトンビーチの南端から、ロングテイルボートで岬をぐるっと回っていく方法しかなかったと思います。

でも、前回の2018年8月にプーケットを訪れた時、パラダイスビーチへ向かう道中に、フリーダムビーチへ岬を下る道ができているのに気付きました!

Avista hideaway phuket patongホテルの横に小さな看板が出ていました。

私たちはその時は車で通り過ぎただけだったので、道らしい道は見えなかったのですが、後で調べてみると、フリーダムビーチへの陸路は2ルートあるらしいです。

ひとつはこの、パトンビーチ南端から岬を登っていく道沿いから階段を降りていくルート。

もうひとつはパトンビーチからカロン方面へ向かう道から下りていくルート。

ただ、両方とも結構険しい下り道のよう。また私有地を通るせいか、通行料的なものが200バーツかかるみたいです。

一方、ロングテイルボートは、パトンビーチ南端のボート乗り場から乗ることができます。

f:id:fuph:20181019233554j:plain

 

f:id:fuph:20181019233620j:plain

 

f:id:fuph:20181019233641j:plain

値段は交渉次第、私たちは最初2000バーツと言われましたが、値切って4人で往復1200バーツにしてくれました。片道15分くらいの距離なので2000バーツはちょっと高いかな。

1月のいいお天気の日だったので、ロングテイルボートでもほとんど揺れずに、あっという間に到着。

途中、パラダイスビーチやメルリンビーチが見え、その先に真っ白なフリーダムビーチが見えてくるとテンションも上がります。

 

f:id:fuph:20181019233713j:plain

 

f:id:fuph:20181019233950j:plain

 

船で上陸するのも、ちょっとした旅行気分で楽しいです。

 

f:id:fuph:20181019233818j:plain

ビーチはさすが1月の乾季だけあって、とてもきれい。パトンビーチと比べると別世界。

チェア&パラソルはセットで120バーツ。椰子の木陰に陣取ります。

 

f:id:fuph:20181019233801j:plain

小さなレストランもあるので飲食はできますが、値段は高めかな。

午後になると続々ボートが到着し、人も増えてきます。

帰りはだいたいの時間を伝えておくと、その頃に行きと同じ番号のボートが待っていてくれます。

こんなにパトンビーチから近いのに、あのハイシーズンのパトンビーチの混雑から逃れ、きれいなビーチでゆっくりできて最高。

 

f:id:fuph:20181019234033j:plain

 

他にもたくさんビーチはあるけれど、もし車やバイクがなく、パトンビーチに数日滞在するなら、行く価値大ありだと思います!

人数によって値段も違うだろうけれど、一人往復500バーツ以内で行けるなら、ボートが楽ちんでいいんじゃないかな。

 

 

f:id:fuph:20181019234128j:plain

 

 4人くらいの人数がいれば、ボートで行くのが簡単で楽しいのでおすすめです。

次回もし陸路にチャレンジしたら、レポートします!

 

迷いやすいプーケット国際空港の情報こちらにまとめています☆